ワンタイムパスワード

用語の解説

ワンタイムパスワードとは

(使イ捨テパスワード,One Time Password,OTP,)
ワンタイムパスワードとは、ネットワーク上でユーザーを認証する際に用いるパスワードを、それぞれ1回ずつしか使用できないように設計された認証方式のことである。
遠隔地からネットワークを通じてアクセスする場合(リモートアクセス)では、通常でもパスワードを用いて認証を行うが、毎回同じユーザーIDとパスワードが認証のたびに送信側の端末からサーバーまで伝送されるので、その伝送経路上で盗用・悪用されかねない可能性がある。 そして、固定的なパスワードを用いる方式は、何らかの意義を持った語句が設定されやすく、比較的解読されやすい。 ワンタイムパスワードでは、ユーザーが自分の端末に組み込んだ特殊なプログラムが、ユーザーごとに異なる秘密鍵とアルゴリズムを用いて毎回異なるパスワードを生成する。 サーバーはユーザーごとの秘密鍵とアルゴリズムを保管したデータベースを参照し、送信されたそのつど異なるパスワードを照らし合わせて認証する。 もし送信の途中でパスワードが盗聴されても、それを利用する時にはそのパスワードは通用しなくなっている。 ワンタイムパスワードは、必ずしも導入が容易であるとはいえないが、非常に高度なセキュリティの維持が可能となるため、企業を中心に多く利用されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]