ワーキングセット

用語の解説

ワーキングセットとは

(ワーキングセット)

 あるプロセスによって使用されるメモリの総量。

仮想メモリをサポートする環境では、ワーキングセットの一部が物理メモリではなく、ディスクなどにスワップアウトされている場合もある。

 または、あるプロセスが使用するメモリ領域のうち、現在物理メモリにロードされており、ページフォルトなしにアクセスできるメモリの量を指す場合もある。

 ワーキングセットの大きなプロセスの実行時には、大量の空きメモリが必要になり、物理メモリが不足するとスワップが発生して処理性能が大幅に低下してしまうことになる。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]