ワークエリア

用語の解説

ワークエリアとは

(作業領域,working area,)
ワークエリアとは、データ処理の半ばに一時的に用いられる記憶領域のことである。
作業中は一定時間をおいてソフトウェアが自動的にデータの記憶を行う。 その際の保存領域として、通常はメインメモリーが、ときにはハードディスクなどの外部記憶装置が、ワーキングエリアとして確保される。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]