ワークグループネットワーク

用語の解説

ワークグループネットワークとは

(ワークグループネットワーク)

 Peer-to-Peer方式によって構成されるネットワークの形態。

 Microsoftは、Windows for Workgroups Ver.3.1(Ver.3.11)、Windows 95、Windows NT Workstationにこのワークグループネットワーク機能を標準で搭載している。 このワークグループネットワークは、Windows NT Serverをサーバとするドメインネットワークと対比する意味で使われることもある。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]