編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

ワークグループ

用語の解説

ワークグループとは

(ワークグループ)

 小規模なWindowsネットワーク上に存在するグループのこと。

マシンごとに自分の所属するワークグループ名を設定するだけで構築できる、基本的な機能のみを持つグループである。 ワークグループ内でファイルやプリンタの共有を行なうことはもちろん可能だが、パスワード管理を統一するような機能はなく、大規模な運用には向かない。

 UNIXにはこのようなワークグループの概念はないため、UNIXをWindowsネットワークに対応させるSambaなどのソフトウェアは自分自身の設定としてワークグループ名を保持する。

 なお、ワークグループ外にあるファイルも、相手のコンピュータを直接指定することによって共有することは可能である。 ある程度以上の規模のWindowsネットワークでは、Windows NTでNTドメインを構成するか、Windows 2000のActive Directoryなどを用いてアカウントなどを集中管理する。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]