ワークグループ

用語の解説

ワークグループとは

(Workgroup)
ワークグループとは、一般的には、Windowsで構築されたコンピュータネットワークのうち、コンピュータを一元的に管理する役割のサーバーを必要としない、かつ比較的小規模なネットワークの単位である。
WindowsでLANを構築する場合、ネットワークは、ワークグループとドメインのいずれかに分類される。 ワークグループは全てのコンピュータが対等な関係にあり、制御する・制御されるという関係を持たない。 既にワークグループが構築されている場合には、ワークグループの名称を指定するだけで、コンピュータを簡単にワークグループへ参加させることができる。 ワークグループは主に自宅におけるLAN構築などで用いられる。 接続できるコンピュータの台数は、通常は10数台程度までとされる。 ワークグループに対して、より大規模に、かつ一元的管理を行うためのネットワークはドメインと呼ばれる単位において行われる。 ドメインでは1台のサーバーがネットワークを管理する構成がとられ、数千台規模のネットワークを構築することができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]