編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ワードサラダ

用語の解説

ワードサラダとは

(Word Salad)
ワードサラダとは、言葉を無作為に羅列して作成された無意味な文章のことである。
ワードサラダは、人間にとっては無意味な言葉の羅列でしかないが、現在のコンピュータのアルゴリズムではワードサラダと自然文を区別することができないので、ワードサラダを自然文と同等の文章として扱ってしまう。 そのため、検索ロボットはワードサラダでエントリーが書かれているブログをスパムと判定することができず、同様に電子メールのフィルタリングソフトもワードサラダを削除対象と判定することができない。 ワードサラダをフィルタリング対象のケースとして学習させると、フィルタリングの精度は著しく低下するとも言われている。 ワードサラダは、ブログやメールにおいて、スパムと判定されることを回避できる技術として悪用されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]