ワープロソフト

用語の解説

ワープロソフトとは

(ワープロソフト)

 文書を作成するためのアプリケーションソフト。

文字のフォントや大きさを調整したり、文章の合間に罫線や表や図を埋め込んだり、字送りや行間の調整をしたりといった機能を持っている。

 こうした高い表現能力と、作成された文書を印刷することを前提としている点で、メモ帳などの「テキストエディタ」と呼ばれる文字入力専用ソフトウェアとは区別される。

 世界的にはMicrosoft社の「Microsoft Word」が事実上の標準ソフトウェアのようになっており、日本国内ではかつて市場のほとんどを占有していたジャストシステムの「一太郎」も根強く利用されている。

 現在ではこの2つが市場のほとんどを占めているが、ワープロ専用機を販売していた大手電機メーカー製のソフトなどもあり、これらは専用機とのファイル互換性を重視し、パソコンへの「乗り換え」ユーザを意識している。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]