ワープロソフト

用語の解説

ワープロソフトとは

(ワードプロセッサー,ワープロ,word processor,word-processing software,)
ワープロソフトとは、文書を作成するためのソフトウェアの総称である。
ワープロソフトでは、文字の入力や編集、書式設定、作表、印刷などが行える。 書式設定では、文字装飾を行ったり、字送りや行間を調整したりすることも可能である。 一方、文字の入力、編集、印刷のみのプログラムをテキストエディタという。 また、ワープロソフトには、DTPで使用できるほどの拡張性の高い編集機能を持つものがある。 Wordでは、拡張書式機能や図形描画、OLEオブジェクトなどを使用して他のアプリケーションソフトで作成したデータが挿入できる。 ワープロソフトの代表的なものとしては、MicrosoftのMicrosoft Word(ワード)や、ジャストシステムの一太郎、富士通のOASYS、日本IBMのワードプロなどがある。 また、Windowsには、ワードパッドが標準で組み込まれている。 なお、ワープロソフトの普及以前は、ワープロ専用のハードウェアである「ワープロ専用機」が主流だった。 富士通のOASYSは、もともとワープロ専用機として登場したブランドである。 ワープロ専用機は、パソコンおよびワープロソフトの普及によって衰退していき、2000年前後の時点で各社から生産終了が発表されることとなった。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]