ワープロ専用機

用語の解説

ワープロ専用機とは

(ワープロセンヨウキ)

 文書作成専用のコンピュータ。

ワードプロセッサ。 キーボードや液晶ディスプレイ、プリンタ、フロッピーディスクドライブなどを備えた一体型コンピュータで、文書を作成、編集、保存、印刷することに特化したコンピュータである。

 欧米には文書作成機器としてタイプライターが19世紀から使われていたが、日本では日本語の壁に阻まれ、そのような機械の開発は無理と考えられていた。 しかし、コンピュータの力を借りて、文書作成機械、今日のワープロ専用機の開発に成功した。

 最初のワープロ専用機は東芝が1978年10月に発売した「JW-10」(TOSWORD)である。 これは事務机のような形態・サイズのコンピュータで、ハードディスクやフロッピーディスクドライブを内蔵した本体、CRTディスプレイ、キーボード、印刷装置などからなる。 発売の年に制定されたJIS漢字コード第1・2水準の6802字の入力・表示に対応し、当時としては完成度が高かった。

 初期のワープロ専用機は文字入力、簡単な表組み機能を備えたものに過ぎなかったが、高機能化が進むにつれ表計算機能や図表作成機能などの高度なソフトウェアが搭載されたり、イメージスキャナやペンタッチ入力など新しい入出力機器が内蔵されるようになっていった。 インターネットの普及が始まると、モデムを内蔵し、Webブラウザや電子メールソフト、HTML文書作成機能などを持つものも現れた。

 ワープロ普及直後は各社間でファイルのフォーマットが異なるなど融通を欠いたものであったが、ワープロ文書のプレーンテキストへの変換機能、各社間のワープロ文書の相互変換機能などが準備された。

 80年代には電機メーカー各社がワープロ専用機を発売し、一家に一台普及するのではないかと言われるほど活況を呈した。 富士通の「OASYS」シリーズなど、根強いファンを持つ名機も登場した。 しかし、90年代後半のパソコンの低価格化と普及率の上昇、パソコン向けワープロソフトの高機能化などに押され、現在では新規の開発・販売などは行なわれていない。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]