不良セクタ

用語の解説

不良セクタとは

(フリョウセクタ)

 ディスクの物理的な損傷により、データを記録できなくなってしまったセクタのこと。

損傷が発見されたセクタはOSによって場所を記録され、検出以降はアクセスされなくなる。 不良セクタに元々存在していたデータは失われる。 クラスタ単位でディスクを管理している場合、不良セクタを含むクラスタはまとめて不良クラスタとして扱われ、同様にアクセスされなくなる。 不良セクタのあるディスクをフォーマットすると不良セクタもろともフォーマットされるが、物理的な損傷があるため再度不良セクタとしてチェックされ、使用可能な状態には戻らない。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]