編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

低温ポリシリコン

用語の解説

低温ポリシリコンとは

(テイオンポリシリコン,Low-temperature Poly Silicon,LTPS,)
低温ポリシリコンとは、液晶ディスプレイなどの電極である薄膜トランジスタ(TFT)に使われる材料のうち、およそ摂氏600度以下の低温環境下で形成するポリシリコンのことである。
低温ポリシリコンは基板の材料としてガラスが用いられている。 低温ポリシリコンは高温ポリシリコンに対して安価で製造できるという利点がある。 低温ポリシリコンに対して、およそ1000度以上の高温で形成されるポリシリコンは「高温ポリシリコン」と呼ばれる。 低温ポリシリコンはTFT液晶の素材などとして使用されており、低温ポリシリコン液晶などと呼ばれている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]