編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

便乗スパム

用語の解説

便乗スパムとは

(ビンジョウスパム)
便乗スパムとは、世間的に話題となっている事件やイベント、記念日などを利用して、ユーザーを騙そうとするスパム行為のことである。
便乗スパムは、特定のイベントに関係した内容を装ってユーザーの興味を引こうとする。 表向きの内容は、キャンペーン情報の案内であったり、アンケート、災害に対する義援金の募集や疫病に対する薬の案内であったりと、多種多様である。 2009年前後に発生した主な事件やイベントのうち、便乗スパムが多数発生したことで警戒が呼びかけられた主な例として、米国大統領選、Windows 7の発売、ハイチで発生した大地震、新型インフルエンザ、新年、クリスマス、ハロウィン、バレンタインデーなどを挙げることができる。 また、メールを用いた便乗スパム(スパムメール)の他に、SEOポイズニングを利用してユーザーを誘導しようとする便乗行為も多数出現している。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]