編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

光クロスコネクトスイッチ

用語の解説

光クロスコネクトスイッチとは

(ヒカリクロスコネクトスイッチ)

 光ファイバーから入力された光信号を別の光ファイバーに出力するスイッチング装置。

 内部的に電気信号に変換して処理するものと光信号のまま処理するものの2種類がある。 電気信号で処理するスイッチの特徴は従来のスイッチとほとんど同じ。

 光信号のまま処理するスイッチでは、内部的に光を反射させてスイッチ処理を行なうため、スイッチに時間はかかるものの理論上の速度に制限を受けない(つまり超高速処理が可能)という特徴がある。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]