編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

光クロスコネクト

用語の解説

光クロスコネクトとは

(ヒカリクロスコネクト)

 光ファイバーから入力された光信号を別の光ファイバーに出力する技術。

 大きく分けて、内部的に一度電気信号に変換するタイプのものと、光のままスイッチ処理を行なうものの2種類がある。

 インターネットのトラフィックが増大するのに伴い、バックボーンに伝送速度が速い光ファイバーを使用するケースが増加している。 この光ファイバー間のスイッチングを行なうものが光クロスコネクトスイッチで、光ネットワークの普及につれて脚光を集めている技術である。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]