編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

光コヒーレント伝送

用語の解説

光コヒーレント伝送とは

(ヒカリコヒーレントデンソウ)

 光ファイバー伝送系(光伝送系)における大容量伝送方式の一つで、周波数や波長が微妙に異なる複数の光を同時に送受信することにより搬送波を多重化する方式。

光周波数分割多重伝送方式(光FDM方式)、あるいは光波長分割多重伝送方式(光WDM方式)などの総称。

 伝送経路の前後にFDM装置(WDM装置)を設置することで1本の光ファイバーケーブルに複数の波長に多重化させた光信号発生させてデータ転送を行なう。 このため、従来の光ファイバーで何本にも分割して伝送していたものを1本の光ファイバーで行なうことができる。 1本の光ファイバーで理論上は数Tbps~数十Tbps程度の伝送速度も可能であるとされている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]