編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

入出力インターフェース

用語の解説

入出力インターフェースとは

(ニュウシュツリョクインターフェース,I/Oインターフェース,input-output interface,)
入出力インターフェースとは、パソコン本体と周辺機器を接続するための規格の総称である。
入出力インターフェースの主な規格としては、モデムやプリンタなどと双方向で通信を行うシリアルインターフェースのRS232C、ハードディスクドライブ(HDD)などと双方向接続するパラレルインターフェースのSCSI、主に内蔵型HDDなどと双方向接続するパラレルインターフェースのIDE、PCと周辺機器全般とを双方向接続するシリアルインターフェースであるUSB、といった規格がある。 その他、双方向接続を行うシリアルインターフェースのIEEE1394規格(FireWire)はHDD等の高速周辺機器を400Mビット/秒の伝送速度で最大63台まで接続可能である。 このIEEE1394ではホストコンピュータを間に挟まなくても機器同士を直接接続できるため、ビデオカメラとビデオデッキを直接接続した画像編集など、デジタル家電相互のデータのやり取りにも採用されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]