編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

入力インピーダンス

用語の解説

入力インピーダンスとは

(ニュウリョクインピーダンス,input impedance,)
入力インピーダンスとは、交流信号の電気回路における、回路の入力部が持っている抵抗値のことである。
入力インピーダンスは抵抗値ではあるが、同じ抵抗であっても、交流信号と直流信号では抵抗値が変わるため、直流信号の「抵抗値」と区別する意味で、交流信号ではインピーダンスの語が用いられている。 入力インピーダンスは、素子の入力端子に信号を入力した際の抵抗値を示す。 入力インピーダンスは高いほど電流があまり流れ込まず、微弱な信号が測定できるとされる。 ちなみに単位はΩ(オーム)である。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]