編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

共同購入

用語の解説

共同購入とは

(キョウドウコウニュウ,グループ購入,グループバイイング,団購,Group Buying,)
共同購入とは、複数のユーザーがまとまって同じ商品を購入することで、大幅に値引きされた価格で商品が購入できるという販売スタイルのことである。
最近では、特にグルーポン系サービスにおけるクーポンの共同購入を指す場合が多い。 共同購入のうち、2000年頃ネットプライスが開始した「ギャザリング」と呼ばれるサービスは、購入希望者は必ず商品が購入でき、しかも希望者が増えれば増えるほど価格が最安値に近づいていくという仕組みを持っている。 グルーポン系サービスにおける共同購入は、2008年に米国のGrouponが開始したビジネスモデルである。 クーポンを主な取扱い対象としており、特定の期間内に購入希望者が一定人数に達した場合に初めて契約が成立し、人数が集まらなかった場合は契約不成立で購入できない仕組みとなっている。 割引率は概ね5割引き、あるいはそれ以上と、非常に割安であることが多い。 グルーポン系サービスの共同購入スタイルは、TwitterやFacebookといったソーシャルメディアの普及によって購入希望者を募りやすくなったことも手伝って、新たな共同購入のスタイルとして急速に普及している。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]