編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

共有ディレクトリ

用語の解説

共有ディレクトリとは

(キョウユウディレクトリ,共有フォルダ,shared directory,shared folder,)
共有ディレクトリとは、ネットワーク上の他のクライアントから参照できるように設定されたディレクトリのことである。
一般的に、ただコンピュータをネットワークに接続しただけでは他のクライアントから任意のコンピュータの内部を参照することはできない。 任意のディレクトリを共有ディレクトリとして設定することで、外部の他のクライアントに内部を参照させることができる。 共有ディレクトリは、複数ユーザー間で共同作業を行う場合に便利である。 同一ファイルを複数ユーザーで更新することによるバージョン管理や、アクセス権限を適切に設定しなかった場合のセキュリティ面での問題には注意を払う必要がある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]