編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

共有フォルダ

用語の解説

共有フォルダとは

(キョウユウフォルダ)

 ネットワーク上の他のユーザからも参照できるように設定されたフォルダのこと。

コンピュータ同士をケーブルで繋いでネットワークを形成しても、いきなり他のコンピュータの中にあるフォルダやファイルをすべて見られるようになるわけではない。 参照したり操作したりできるのは、コンピュータの持ち主によって許可されたファイルやフォルダだけで、そうした「許可されたフォルダ」が共有フォルダと呼ばれる。 誰にどの程度の操作を許可するかは設定によって異なる。 ユーザやグループごとに、パスワードによりアクセス制限をかけたり、読み取りのみ可能で書き込みはできないよう設定したりすることができる。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]