編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

共有ライブラリ

用語の解説

共有ライブラリとは

(キョウユウライブラリ)

 複数のプログラムが共通して利用するライブラリ。

OSやミドルウェア、プログラミング言語のランタイムなどによって提供される。

 ライブラリは関数や定数の定義など部品化されたソフトウェアの集合で、共有ライブラリは単独のファイルとして実行形式のプログラムとは別に提供される。 多くのプログラムが共通して使う汎用的な機能が用意されており、個々の開発者が同じ目的の機能をそれぞれ開発してしまう無駄を排することができる。

 共有ライブラリは、Windows上では「.DLL」、UNIX上では「.so.(バージョン番号)」などの拡張子のファイルとして提供されることが多い。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]