編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「ローカル5G」

共有レベルのセキュリティ

用語の解説

共有レベルのセキュリティとは

(キョウユウレベルノセキュリティ)

 Windows 95におけるセキュリティ機能の1つ。

 Windows 95には、Windowsネットワークのクライアント(Windows NTやWindows 95、MS-DOSなど)に対して資源を公開するサーバ機能があるが、この際に設定するセキュリティ機能には、「共有レベルのセキュリティ」と「ユーザーレベルのセキュリティ」の2種類がある。 このうち「共有レベルのセキュリティ」では、ネットワークに公開する資源ごとにパスワード文字列を設定し、正しいパスワードを入力したユーザーだけが資源を利用できるようにする。

 Windows 95で公開する共有ディレクトリでは、読み出しのみ(リードオンリー)、フルアクセス(変更や削除も可能)のそれぞれに別のパスワードを設定し、入力されたパスワードにより、このいずれかのアクセス権を切り替えるということもできる。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]