編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

共用体

用語の解説

共用体とは

(キョウヨウタイ,union,)
共用体とは、同じメモリ領域を異なる変数が共有する、プログラム言語におけるデータ型のことである。
共用体は、一般的には、C言語やC++におけるunionキーワードで定義したデータ型を指す。 似たような構造でデータ型が異なる場合に用いられる。 共用体を用いることで、別々の変数を用意することがなくなる上、煩雑さから開放される。 共用体は、各メンバを括っているために見た目は構造体と似ているが、各メンバが同じメモリ領域を共有するため、各メンバの先頭アドレスは同一となる。 領域の分割が容易であるためメモリの節約になるが、むやみに用いるのは非効率であり扱いも難しい。 このような特性から単体で使われることはあまりなく、構造体のメンバの1つとして用いられることが多い。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]