編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

切り取り

用語の解説

切り取りとは

(キリトリ,カット,cut,)
切り取りとは、画面上に表示された文字列や画像の一部を指定し、その部分を切り抜く操作のことである。
Windowsでは「切り取り」と呼ばれるが、Mac OSでは「カット」と呼ばれる。 切り取られた部分は画面から除かれ、コンピュータ内の記憶装置の一部であるクリップボードに一時的に保存される。 カットした部分は指定した場所に「ペースト(貼り付け)」をすることによって付加・挿入することができる。 同様の操作で対象を複製してクリップボードに取り込む「コピー」機能がある。 ワープロソフトでは文字列のカット機能が文章の推敲などを効率的にし、画像編集ソフトであれば合成などに用いられる。 ワープロソフトで作成した文書をメールソフトのメッセージ欄に移すような、異なるアプリケーションの間でも操作が可能である。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]