編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

初音ミク

用語の解説

初音ミクとは

(ハツネミク,HATSUNE MIKU,)
初音ミクとは、クリプトン・フューチャー・メディアが販売しているDTMソフトウェアの製品名である。
2007年8月31日に発売された。 初音ミクは「キャラクター・ボーカル・シリーズ」の第1弾として登場した。 アニメ声優などとして名を馳せている声優から採録したサンプリング音源が音声ライブラリとなっており、それをヤマハが開発した音声合成技術「VOCALOID 2」によって合成できる。 メロディと歌詞を入力する比較的簡単な作業で、仮想ボーカリスト「初音ミク」に曲を歌わせることができる。 設定次第では合成音と思わせないほどリアルな歌声を再現することが可能である。 初音ミクで作成された、オリジナル曲や、有名な曲の再現などは、「YouTube」や「ニコニコ動画」などの動画共有サイトに盛んに投稿され、視聴人気ランキングの上位にランクインするなどの大きな反響を呼んだ。 興味を持ったユーザーがソフトウェアを購入し、自分の作成した曲を投稿する、といった循環が生じ、DTMソフトウェアとしては異例の売れ行きを記録している。 また、曲のクオリティを競う流れと平行して、初音ミクのキャラクターに関する創作も盛んに行われた。 元々、製作元のクリプトンからは、いくつかのイラストと簡素なキャラクター設定のみ提供している状態だった。 そこに、ユーザーがユニークなキャラクター像を次々を付与していき、自ずからバーチャルアイドル「初音ミク」が育まれていった。 画像共有サイト「pixiv」のように、音楽そのものが絡まないサービスでも、初音ミクを題材とした投稿は一定の存在感を示している。 初音ミクの後、「キャラクター・ボーカル・シリーズ」として、第2弾「鏡音リン・レン」、第3弾「巡音ルカ」が登場している。 鏡音リン・レンは男女ツインボーカル、巡音ルカは日英バイリンガルという特徴を持っている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]