割り込みサービスルーチン

用語の解説

割り込みサービスルーチンとは

(ワリコミサービスルーチン,割リ込ミハンドラ,interrupt service routine,interrupt handler,)
割り込みサービスルーチンとは、実行されている処理をCPUが一時的に中断して優先される別の処理を行うという、割り込みと呼ばれる動作を、制御するためのプログラムのことである。
外部装置からのデータ転送要求などのように優先順位の一層高い処理要求が発生すると、割り込み信号(IRQ)が発生し、実行している最中のプログラムがCPUから一時退避した状態で、メモリー内に待機していた割り込みサービスルーチンが呼び出される。 割り込みの処理が終了すると、中断したプログラムの処理が中断されたところから再開される。 あるいは、割り込みを要求した処理が実行中の処理よりも優先度が低い場合は、実行中の処理が終了するまで割り込みを待機させることとなる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]