割注

用語の解説

割注とは

(ワリチュウ)
割注とは、Wordにおいて、任意の文字列を小さくし、一行の中に二段構えで表示させる機能のことである。
文中に注釈を組み込む場合などに用いられる。 組み文字を設定するには、対象としたい文字列を選択し、[書式]メニューから[拡張書式]にある[割注]を選択すればよい。 表示されたダイアログボックスでいくつかの設定を行えば、文字列を割注として表示できる。 なお、「株式会社」のように定型的な文字列を、同様に二段構えにするには、拡張書式の中でも組み文字と呼ばれる機能を用いることで表示させることができる。 ただし組み文字は6字以内に限られる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]