単精度実数

用語の解説

単精度実数とは

(タンセイドジッスウ)

 1つの数値を32ビットで表現する浮動小数点数のこと。

1ビットの符号部、7ビットの指数部、24ビットの仮数部の計32ビットで表現する。 表現できる値の範囲は-3.40282×1038~3.40282×1038で、精度は6桁である。 C言語などでは「float型」などと呼ばれる。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]