原価計算

用語の解説

原価計算とは

(ゲンカケイサン,管理会計,cost accounting,)
原価計算とは、主に製造業において、製品を製造するために要した原価を計算することである。
原価計算は、売り上げに対し原価がどれくらいかかり、損益がどのくらいなのかを算出するために必要な計算である。 また、一般的には、コストを削減することが利益拡大につながると言われているため、原価計算は、経営戦略上において重要な会計処理の一つとされている。 原価計算には、「標準原価計算」、「直接原価計算」、「実際原価計算」などがあるが、同じ計算方法であっても原価の扱い方は様々で、業種や企業によって原価となる対象も異なってくる。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]