編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

反射型液晶

用語の解説

反射型液晶とは

(ハンシャガタエキショウ,反射型液晶ディスプレイ,反射型液晶パネル,reflective LCD,reflective liquid crystal,)
反射型液晶とは、液晶ディスプレイ(LCD)に用いられる液晶の表示方式の中でも、外光を利用して表示を行うタイプの液晶のことである。
携帯電話のディスプレイなどに多く用いられている。 液晶は光の透過率を増減させることで像を表示する。 液晶そのものは発光しない。 そのため、多くの場合は蛍光灯をバックライトとして設置し、液晶に光を透過させることで、鮮明な表示を行っている(透過型液晶)。 反射型液晶は、光源を内蔵せずに、太陽光や部屋の灯りといった外部光を利用する。 内部で発光するための電力を必要としないため、構造を単純にすることが可能で、消費電力を大幅に低減することができる。 ただし、バックライトによって色を透過させる透過型液晶に比べても、色の彩度が低い、また暗がりでは表示を見ることができない、といった欠点がある。 同じ反射でも、画面の手前に光源を設けてそれを反射させているタイプの反射型液晶もある。 反射型液晶と透過型液晶の難点を相補うものとして、明るいところでは外光の反射を利用し、暗いところではバックライトを利用する方式の「半透過型液晶」などもある。 携帯電話のディスプレイとしては、入力作業中はバックライトを使用し、経過時間によってバックライトの光量を段階的に弱め、最終的に反射型液晶の表示方式になる、といった仕組みをとっているものも多い。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]