編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

圧縮ファイル

用語の解説

圧縮ファイルとは

(アッシュクファイル,compressed file,)
圧縮ファイルとは、圧縮アルゴリズムを用いることにより、元データの実質的な内容を変えずにサイズが縮小されたファイルのことである。
圧縮ファイルは、用いられた圧縮アルゴリズム毎に拡張子が付けられていることが多い。 それぞれの圧縮方式に対応した解凍ツールを使うことにより圧縮データを展開、伸長し、元のファイルを復元することができる。 拡張子が「.exe」となっている圧縮ファイルは自己解凍ファイルと呼ばれ、特別なツールを使わず、そのファイル自身を実行することによって復元することができる。 拡張子「.lzh」を持つファイルはLHA形式の圧縮ファイル、「.zip」はZIP形式の圧縮ファイル、「.tgz」はtar+gzip形式の圧縮ファイルである。 これらの圧縮ファイルは、データの内容によらず汎用的に用いられる。 拡張子「.mpeg」、「.mpg」は動画データ、「.jpeg」、「.jpg」は静止画データ、「.mp3」は音声データに用いられる。 これらのマルチメディアデータ用のファイルも圧縮されており、再生時には圧縮データを展開する必要がある。 LHA、ZIPなどの圧縮アルゴリズムは可逆圧縮と呼ばれ、データを完全に元に戻すことができる。 通常のデジタルデータで、ファイルサイズを縮小させる目的で用いられるファイル圧縮は全てこの可逆圧縮タイプが用いられる。 これに対して、MPEGやJPEG、MP3などの圧縮アルゴリズムは非可逆圧縮と呼ばれ、必要な性質を復元することはできても、100%元通りのデータに戻すことはできない。 非可逆圧縮はファイルサイズを劇的に縮小することができるため、大容量のマルチメディアデータを圧縮する場合に使用されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]