編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

圧縮フォルダ

用語の解説

圧縮フォルダとは

(アッシュクフォルダ,compressed folder,)
圧縮フォルダとは、通常のフォルダと同様に特別な操作なしにアクセス可能な、圧縮されたフォルダのことである。
通常、圧縮されたデータは、圧縮方式に応じた展開処理をしてから内容にアクセスすることになる。 圧縮フォルダは、シェル機能がこれらの操作を自動的に行うことにより、ユーザーに対してシームレスなアクセス方法を提供するものである。 マイクロソフトがWindows XP、および、Windows Vistaでアドオン機能として提供している圧縮フォルダ機能は、ZIP形式の圧縮フォルダをサポートしている。 ユーザーがアドオンを組み込んだエクスプローラ上で圧縮されたフォルダを参照すると、圧縮データの中身を通常のフォルダと同様に閲覧することができる。 圧縮フォルダに対する追加操作として、暗号化、および、パスワードの付与ができる。 これにより、フォルダの中身を不特定の人から隠蔽することができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]