編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「ローカル5G」

基本交換法

用語の解説

基本交換法とは

(キホンコウカンホウ,バブルソート,bubble sort,)
基本交換法とは、並び替え(ソート)のアルゴリズムのひとつで、あるデータよりも大きい(または小さい)データを順番に1つずつ比較・序列させてゆく方式のことである。
例えば、大から小への順に並び替えを行う場合、あるデータがn番目のデータよりも大きいものであれば、n+1番目のデータと比較され、n+1番目の代わりにn+1番となるか、あるいはn+2番目との比較へ回される。 逆に、n番目のデータよりも小さければ、n-1番目のデータと比較され、新しくn-1番目となるか、あるいはn-2番目との比較へ回される。 基本交換法はデータを順番に比較してゆく方式であるため、アルゴリズムは比較的簡易であり、メモリーの負荷も軽いというメリットがあるが、多量のデータを扱う場合が能率的でないという難点もある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]