編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

基本情報技術者試験

用語の解説

基本情報技術者試験とは

(キホンジョウホウギジュツシャシケン,Fundamental Information Technology Engineer Examination,FE,)
基本情報技術者試験とは、経済産業省が「情報処理の促進に関する法律」に基づき実施している、情報技術者の基本的な知識や技術力を問う国家試験である。
独立行政法人情報処理推進機構(IPA)情報処理技術者試験センターによって実施されている。 以前は「第二種情報処理技術者試験」という名称で、2001年4月に現在の「基本情報技術者試験」の名称へ変更されている。 情報処理推進機構によれば、基本情報技術者試験では、システム開発などコンピュータ言語の基礎知識があり、より高度で実践的な活用能力を身に付けた者を対象としている。 上位技術者の指導のもと、個別部門の仕様策定とプログラミング、および動作テストを実施することを目的とする。 論理的思考能力や情報技術一般に関する基本的な知識、および最低1つのプログラミング言語を実施できる能力などを必要とする。 基本情報技術者試験に合格することで、情報処理技術者に評価の場が提供され、技術の向上や教育水準を確保することが期待できる。 基本情報技術者試験は、企業において業務遂行上有力な資格と考えられており、合格者に対して報奨金制度を設けたり、就職選考の際に優遇したりする企業も数多い。 基本情報技術者試験は、日経ソリューションビジネスが実施したアンケート調査「2010年版いる資格、いらない資格」で「営業職に取らせたい資格」の1位を獲得している。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]