編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

基本情報技術者

用語の解説

基本情報技術者とは

(キホンジョウホウギジュツシャ)

 情報処理に関する国家資格のうち、最も基本となる資格。

経済産業省の指定試験機関である独立行政法人情報処理推進機構の情報処理技術者試験センターによって試験が行なわれている。 上位技術者の指導のもと、個別部門の仕様策定とプログラミング、および動作テストを実施することを目的とする。 情報技術一般に関する基本的な知識、および最低1つのプログラミング言語に関する実用レベルの知識などを必要とする。 2001年度に、従来の第二種情報処理技術者の名称が変更されたものが基本情報技術者である。 初級システムアドミニストレータと並んで、情報処理に関する入門的な資格となっている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]