編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

奇偶検査

用語の解説

奇偶検査とは

(キグウケンサ,パリティチェック,パリティ検査,parity check,)
奇偶検査とは、メモリ、通信データの信頼性を高めるための手法の1つであり、データに冗長な情報を付け加えて、それを検査することである。
奇偶検査では、データ単位ごと(例えば1バイトごと)に、その内容を2進数で表現した場合の1の個数が常に偶数(もしくは奇数)になるように、パリティビットと呼ばれる検査情報を1ビット付加する。 データ読み取りの際には1の個数が正しく偶数個(もしくは奇数個)になっているかを検証することで、データ異常を検査する。 ただし、原理的に1ビットの異常は発見できるが、2ビットの異常は発見できない上、訂正機能もない。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]