待機電力

用語の解説

待機電力とは

(タイキデンリョク)

電化製品の未使用時も流れている電流。

最もわかりやすい例だと、TVやビデオが挙げられる。 リモコンでの電源オン/オフに対応するには、リモコン受光部で受けた光の分析を絶えず監視する必要がある。 そのため、微弱ながら電源が入る前に絶えず処理回路が動いている。

用語解説出典   powered by. アスキーデジタル用語辞典

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]