編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

後入れ先出し

用語の解説

後入れ先出しとは

(アトイレサキダシ,LIFO,last in first out,)
後入れ先出しとは、ものごとの処理方式で、入れものに入れられたものを取り出す時に、最後に入れたものを先に取り出すことである。
特に情報処理の分野では、データ構造の中でスタック構造のことを指す。 スタックは、出入り口が1つだけの筒のようなもので、先に入れたものは奥の方に押しやられ、取り出すには最後に入れたものから行う必要がある。 後入れ先出しの処理方式は、ある処理を中断して別の処理に制御を移し、別の処理が完了した後に元の処理に復帰するような場合に用いられることがある。 その他、LIFOは集積回路の分野で、メモリやバッファ、データ変換機能向けに利用されている。 これに対して、後入れ先出しに対比される方式は「先入れ先出し」(FIFO、first in first out)と言い、出入り口が2つある、ところてんの押出しのような処理方式のことを指す。 なお、会計の分野では、在庫の資産評価をする場合に、実際の販売順に関わらず、先に入庫されたものから順に販売されたとみなして期末の評価額を決定することを言う。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]