編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

手ぶれ補正機能

用語の解説

手ぶれ補正機能とは

(テブレホセイキノウ,手ブレ補正,手ブレ補正機能,手ブレ補正,image stabilizer,)
手ぶれ補正機能とは、「手ぶれ」による画像のブレを自動的に防ぐ機能のことである。
DVカメラが画像のブレを計算し、自動的に補正する。 手ぶれ補正機能には、「光学式手ぶれ補正機能」と「電子式手ぶれ補正機能」がある。 光学式手ぶれ補正機能では、手ぶれをセンサーにより感知し、内部の補正レンズを手ぶれを起こしている方向と反対側に移動させて手ぶれを防ぐ。 一方、電子式手ぶれ補正機能では、CCD内部で画像を読み取るエリアを拡大して電子的に手ぶれを補正する。 一般に、手ぶれ補正機能の効果は、光学式の方が高く画像劣化もないが、光学式の手ぶれ補正機能を搭載したレンズは、通常のレンズより大きくなるという面もある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]