編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

手書き文字認識

用語の解説

手書き文字認識とは

(テガキモジニンシキ,)
手書き文字認識とは、手書きの文字や手書き入力を解析して、それがどのような文字であるのかを判別するための技術、または機能の総称である。
手書き文字認識は、「オフライン手書き文字認識」と「オンライン手書き文字認識」の2種類に大別される。 オフライン手書き文字認識の場合は、書類や葉書などに書かれた手書きの文字を光学スキャンして画像イメージを取得し、そこからテキストデータを抽出する。 オンライン手書き文字認識の場合は、専用のペンやスタイラスなどのポインティングデバイスを用いて専用ディスプレイや端末画面などに入力された軌跡を元にして、テキストデータを抽出する。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]