抜き合わせ

用語の解説

抜き合わせとは

(ヌキアワセ,ノックアウト,ヌキ,)
抜き合わせとは、多色印刷において、色のついた地の部分に更に色を重ねることで色が混ざり合わないように、色を乗せる部分の地の色を抜いて、無色にする手法のことである。
抜き合わせを行うことで、濃い地の上に明るく繊細な色を表現したいような場合にも、色が混ざらず、意図したとおりの色を表現することができる。 抜き合わせを行う場合には、印刷時の版ズレによって、色を抜いた部分に隙間が生じて白地が露出してしまう恐れがある。 そのような失敗を防ぐため、境目の部分をわずかに重ねる処理が行われることもある。 この処理はトラッピングと呼ばれる。 トラッピングの箇所で色が重なり、混ざった色が発生しても、2色のちょうど境目なので支障とならない。 抜き合わせに対して、地の色をそのままにして色を重ねるようにすることがオーバープリントと呼ばれる。 抜き合わせは「ヌキ」、オーバープリントは「ノセ」と呼ばれることも多い。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]