編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

揮発性メモリ

用語の解説

揮発性メモリとは

(キハツセイメモリ,揮発メモリ,volatile memory,)
揮発性メモリとは、電気の供給を断つと記憶内容が消失してしまう記憶装置のことである。
揮発性メモリには、常時、データの再書き込み(リフレッシュ)をしなければ内容が消失してしまうDRAM(Dynamic Random Access Memory)や、電気が供給されている限り記憶内容が保持されるSRAM(Static Random Access Memory)などがある。 SRAMの多くは、CMOS回路で構成されており、待機時の消費電流を小さくできるため、携帯機器やパソコン、ワークステーションなどのキャッシュメモリに適しているといわれている。 一方DRAMは、SRAMよりも回路の仕組みが簡単なため、低価格で、コンピュータのメインメモリのような大きな記憶容量を必要とするシステム構築に利用される。 揮発性メモリでは、電池を利用するなどして停電対策をする必要がある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]