携帯オーディオプレーヤー

用語の解説

携帯オーディオプレーヤーとは

(ケイタイオーディオプレーヤー,携帯ミュージックプレーヤー,携帯音楽プレーヤー,携帯デジタルオーディオプレーヤー,携帯デジタルミュージックプレーヤー,携帯デジタル音楽プレーヤー,ポータブルオーディオプレーヤー,ポータブルミュージックプレーヤー,ポータブル音楽プレーヤー,mobile audio player,portable audio player,)
携帯オーディオプレーヤーとは、持ち運びができる小型軽量の音楽再生装置の総称である。
最初の携帯オーディオプレーヤーは、ソニーが開発したカセットテープ式の「ウォークマン」である。 記憶メディアはカセットテープからCDやMDなどへ移行していき、近年はハードディスク(HDD)やフラッシュメモリなどを用いるタイプが主流となりつつある。 記憶メディアにHDDやフラッシュメモリを用いるタイプの携帯オーディオプレーヤーは、特にデジタルオーディオプレーヤーと呼ばれている。 デジタルオーディオプレーヤーは、パソコンなどからデジタルデータの音源を転送・保存して再生できるようにしたもので、代表的な製品としては、Apple Computerが発売したiPodなどを挙げることができる。 また、ソニーのウォークマンも時代の流れと共にデジタルオーディオプレーヤーへ変遷している。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]