編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

擬似3D

用語の解説

擬似3Dとは

(ギジスリーディー,擬似3次元,quasi three dimension,pseudo three dimention,)
擬似3Dとは、本来の3次元グラフィックス処理技術を使わずに、遠近法などの視覚効果を利用することで奥行きや立体感を表現することである。
例えばある画像が遠近法の消失点に向かって縮小してゆけば、その画像は奥へ遠のいてゆくように見える。 消失点の幅に比例した位置と縮尺で画像が並んでいれば、それだけで奥行きは表現される。 擬似3Dの方法は簡易であり、本来の3次元グラフィックス処理よりも遥かに高速に処理できる。 ゲームやアニメーションでは、この方式で立体感を表現しているものも多い。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]