断片化

用語の解説

断片化とは

(ダンペンカ,fragmentation,)
断片化とは、本来記憶されるべきデータが、メモリやディスク上に分散してばらばらに記憶されてしまうことである。
フラグメンテーションと呼ばれることもある。 ファイルの削除、追加、コピーなどを繰り返し、ファイルが断片化する割合が増えると、アドレス演算やシーク制御のオーバーヘッド増加のために、メモリアクセスやディスクアクセスが遅くなる。 そこで定期的に最適化を行って断片化を解消し、アクセス速度を維持する必要がある。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]