編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

日本語EUC

用語の解説

日本語EUCとは

(ニホンゴイーユーシー,EUC-JP,Extended Unix Code for Japanese,)
日本語EUCとは、AT&Tが策定した文字コード体系のEUC(Extended Unix Code)の各国定義部分に日本語文字集合の割り当てを定義したものである。
UNIXで日本語を扱うために使用されている。 EUCは1985年にAT&T日本語UNIXシステム諮問委員会が提案した「UNIX システム日本語機能提案書」の中で定義された日本語用UNIX内部コード体系に基づいて、 AT&Tベル研究所が世界各国で使用可能なように拡張したコード体系である。 日本語EUCは4種類の文字セットで構成される。 ASCII文字は1バイトで、JIS X 0208-1990(新JIS)は2バイト。 JIS X 0201(1バイトカタカナ)は1バイト目に16進数8Eの制御コードとし、続く1バイトに割り振り2バイトで定義する。 16進数8Fの制御コードに続く2バイトにJIS X 0212-1990(補助漢字)を割り振っている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]