編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

日本Linux協会

用語の解説

日本Linux協会とは

(ニホンリヌックスキョウカイ,日本リヌックス協会,Japan Linux Association,JLA,)
日本Linux協会とは、オペレーティングシステム「Linux」の普及、啓蒙、ならびに、Linux環境の健全な発展に寄与することを目的とする任意団体の名称である。
1999年4月1日に発足した。 Linuxは、リーナス・トーバルズが開発したUNIX互換のオペレーティングシステムで、オープンソースソフトウェアとして公開されているため、誰でも開発、改良に参加し、誰でも利用することができる。 しかし、自由であるがために、Linuxの企業などにおける利用の場面では、困難や戸惑いも生じやすいという側面を持っている。 日本Linux協会は、LinuxやLinuxを取り巻くユーザー、環境などの普及と発展を目指して、公益を求める中立的存在として、包括的な活動を行っている。 日本Linux協会が主に行っている具体的な活動としては、広報活動、Linuxの発展に寄与するための企画立案と実施、Linuxに関連する団体やプロジェクトの支援、または、各団体間の協調・連帯を促進させる活動などがある。 日本Linux協会は、1996年に発足し発展的に解消された日本Linuxユーザ会(JLUG)を前身とする。 なお、「日本Linux協会」の呼び名は通称で、正式名称としては「日本リヌックス協会」と表記される。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]