編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

暗号文

用語の解説

暗号文とは

(アンゴウブン)

 暗号化され、そのままでは読めない状態になっているデータのこと。

暗号化する前のデータは「平文」という。 元のデータを暗号文に変換することを「暗号化」、暗号文を元のデータに戻すことを「復号化」という。

 暗号文を元に戻すためには暗号化に使用した鍵(公開鍵暗号方式では暗号化した鍵に対応する別の鍵)が必要になる。 十分に長い暗号化鍵を使用して作成された暗号文は、転送中に通信内容を盗聴されても解読されてしまう恐れが極めて低く、安全な通信が行える。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]