編集部からのお知らせ
ダウンロード公開中「ITが取り組むべきプライバシー」
最新記事まとめ「医療IT」

暴露ウィルス

用語の解説

暴露ウィルスとは

(バクロウィルス,暴露ウイルス,)
暴露ウィルスとは、コンピュータウィルスのうち、コンピュータ内に記録保存されているデータを外部ネットワークで公開しようとするタイプのウィルスの総称である。
暴露ウィルスの多くは、Winnyのようなファイル交換ソフトの中で流通している場合が多い。 ファイル交換ソフトを利用していると、知らない間に暴露ウイルスがダウンロードされ、感染する。 感染した暴露ウィルスは、コンピュータのハードディスクに保存されているファイルを、ファイル交換ソフトなどを通じて公開してしまう。 このため、感染したパソコンの持ち主は、外部に漏らされたくない文書や画像などを不特定多数の人間に見られてしまう。 代表的な暴露ウィルスとしては、Antinnyや山田オルタナティブなどがある。 Antinnyはデータを外部に流出し、山田オルタナティブはローカルのパソコンを外部に公開されたサーバーに設定してしまう。 2005年の末ごろから2006年初頭にかけて、企業や公的機関で用いられていたパソコンが暴露ウイルスに感染、パソコンの中に保管されていた機密情報が流出してしまう事件が相次ぎ、社会問題になった。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWS、Microsoft、Googleがリード!パブリッククラウドコンテナプラットフォーム市場分析

  2. ビジネスアプリケーション

    ウィズコロナ時代はあと2年は続く?!アフターデジタル時代の4つの重要ポイント

  3. セキュリティ

    2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

  4. OS

    “テレワークだからこそ”デスクトップPCを利用すべき?!ノートPCにはない魅力の数々に迫る

  5. 運用管理

    7つの視点で解説するデータベース構築・運用ー誰でもわかるSQL Serverストレージガイド

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]